Menu

nwknews
1名無し募集中。。。@ \(^o^)/ 2017/01/05 00:14:31.25 ID:0
フィリピンとかインドネシアとかだろ
2名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:15:21.88 ID:0
あくまでも三国志文献だけだしな
3名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:15:54.88 ID:0
皇室と繋がらないし
4名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:16:06.15 ID:0
魏志倭人伝通りに方向と距離考えると南洋だろうな
5名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:16:16.15 ID:0
陳寿が又聞きで適当に書いただけだからな
6名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:17:06.36 ID:0
方角もあってないし
第一かなり温暖そうだし布切れ一枚でウロウロとかなんかイメージと合わん
タトゥーいれてるし
7名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:17:21.12 ID:0
孫権や公孫淵は牽制するために司馬懿が創作した芝居なんでそ
8名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:18:09.25 ID:0
司馬懿の芝居って言いたかっただけだろ
9名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:18:15.02 ID:0
一番の謎はこれが義務教育教科書で正史扱いされてる点だな
10名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:18:21.34 ID:0
タトゥーは入れてたんじゃなかったっけ倭人
11+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:19:05.14 ID:0
卑弥呼=ひめみこ
はぁ?
何の冗談だよ
12名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:27:55.83 ID:0
>>11
卑弥呼=日巫女=太陽(神)と民衆をつなぐ神官=天皇
個人名じゃなくて役職なんだよ
13名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:19:57.18 ID:0
明の時代に日本について書かれた向こうの書物もめちゃくちゃらしいからなあ
14+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:20:04.64 ID:0
公孫淵肯定したら公孫賛まで説明しなくてはいけない
つまり光栄ステマだな
最後に得するのは趙雲子龍やんけ
15名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:21:22.60 ID:0
小学校中学校教科書では卑弥呼と皇室の関連一切触れないよな
これって問題ですよね
16+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:22:26.99 ID:0
大和国で結論出てるよ
あそこは今でも掘ればすぐに出る
17能年ちゃん@\(^o^)/ 2017/01/05 02:28:29.49 ID:0
>>16
九州説は破れたのね…
18名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:23:33.23 ID:0
伊勢神宮のとなりにそれっぽい建物がある
位で皇室の繋がりは一切説明してねーよな
19ルウ@\(^o^)/ 2017/01/05 00:24:21.64 ID:O
記述の距離や方向で邪馬台国の場所を推定するのはナンセンス
どうせ東の果ての島国なんて誰も行かないしバレないし裏も取らないというのが分かってて
いい加減な証言&いい加減な記述になってるんだから
20名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:24:55.98 ID:0
ぶっちゃけ日本で金印や銅鏡は発見されてるからな
三国志時代に曹操魏から金印や鏡贈られてるのは史実でそ
まあ邪馬台国北九州説濃厚やけど
21名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:25:05.59 ID:0
タイ国らしいな
タイの名の由来も邪馬台国から来てる
22名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:27:22.85 ID:0
九州は大陸系の敗走軍が落ち延びてるだけだろ
倭人よりデカイ骨出てるから間違いねーよ
23名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:27:25.81 ID:0
対馬の金印発見は三国志関係ない
24名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:29:15.39 ID:0
金印の出土の由来調べたらキナ臭せーことこの上ないのに
信じるとか無いわ
25名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:29:20.63 ID:0
中国画三国志やってる頃日本じゃまだ邪馬台国やってたのか
それに衝撃おぼえるわ
26名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:29:51.28 ID:0
邪馬台国奈良説は無理があるだろう
本当にそうなら鎌倉安土桃山時代の資料に裏付けあるはずや
27名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:31:30.86 ID:0
自分の国の歴史もまだ残せてない時代だぜ
中国朝鮮から侵略来たなら文字とか残ってても良いのに
28名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:32:33.29 ID:0
邪馬台国には魏の役所が置かれていたし
実際に行った人間が記録した行程を元に書いてるはずだよ
29名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:33:42.71 ID:0
大和朝廷もどうやって成立したか怪しいのにな
30ルウ@\(^o^)/ 2017/01/05 00:36:24.69 ID:O
志賀島から発見されたという漢委奴國王の金印(国宝)は偽物説があるよな
31名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:36:31.67 ID:0
卑弥呼は普通名詞だという話があるな
うちのヒメミコさんが〜と言っているのを向こうの人が卑弥呼と書いただけ、みたいな
32名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:36:31.70 ID:0
この手の記述って偉大なる我が皇帝の徳を慕って
遠くの野蛮人まで貢物を持ってきたってのが
一番言いたいことなワケで距離については
遠ければ遠いほどいいって話になるからな
33名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:36:50.12 ID:0
倭って日本の事だけなの?
台湾とか琉球とかあのあたりの人たちのことは言わないのかな
34名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:39:53.84 ID:0
台湾琉球ならまだましだな
距離や日にち合わしたら海のど真ん中だぜ
ふつうにムー大陸あってもおかしくない
35名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:48:39.21 ID:0
三内丸山とかマキムクとかの遺跡で遺物が~
とか出てもいまいちピンと来ないよな
銅鏡が大量に出ても
それがどーしたとしか思えん
36名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:51:51.41 ID:0
卑弥呼と皇族は繋がってんの切れてんの
37名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:53:52.15 ID:0
卑弥呼さまが力が弱くなって後継者をたてた
ソイツが伊勢神宮の別館の御神体とか本で読んだけど
いまいち嘘臭い
蘇我氏の名前位信用ならない
38名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:56:04.38 ID:0
天照大神=卑弥呼っていう繋がりは一つもないよ
ロマンを感じる研究者が無理に繋げてるだけ
39名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:57:42.71 ID:0
卑弥呼ってただの北九州の国の姫なんじゃね
中央の大和朝廷と繋がって無さそう
40名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 00:58:04.96 ID:0
邪馬台国に到達する前の小国は北九州にいくつか決定されてるんだろ?
やっぱり北九州なんじゃねーの
それらの小国からいきなり畿内に飛ぶとは思えん
41名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:00:06.25 ID:0
魏志倭人伝の記述で距離と方角とでどっちが信用できないかといったら圧倒的に距離
書かれてる地名と方角を辿っていけばいきなり近畿に飛ぶことも考えづらく
せいぜい九州のどっかだろ
42+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:01:26.83 ID:0
伊都国とか松なんとか国とかは北九州として特定されてるんやろ
43+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:04:06.99 ID:0
>>42
すげえよな?
対馬やら壱岐とか
古代からそういう地名なんだって
邪馬台国っていうも現代につながりがある呼称だろうな
44+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:07:01.96 ID:0
>>43
やまたいこく=やまとこく
とかいうちょい単純で強引な説もある
45名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:11:23.86 ID:0
>>44
いや普通にそれであってるよ
九州説は東大学派が始めて引っ込みがつかないんだけど
ほぼ畿内で決まりって感じにもうなってる
46名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:03:54.41 ID:0
伊都国は今の糸島ですよ
47名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:04:42.54 ID:0
大和朝廷はやっぱり三輪山あたりじゃないの
ヤマトとヤマタイの共通性云々言うのかもしれないけどヤマがつく地名なんて山ほどある
なんちって
48名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:06:13.49 ID:0
末盧國(まつらこく)
=松浦半島のまつうら
49名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:06:31.05 ID:0
言語学から紐解くのは危険すぎる
邪馬台国も都合が悪くなるとヤマイツコクと読むとか
無茶苦茶だし
50名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:07:58.09 ID:0
だけど地名って現地の人の言葉でかなり残るんやで
51名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:09:31.20 ID:0
ポリネシアンじゃん絶対
ラグビーとかしてそうじゃん
52名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:10:26.03 ID:0
読み方によっては遥か南の海の上になるらしい
途中で書き方が変わってるからそこは放射状に地名を列記してるんだとか
最後に書かれてる日数や距離は総行程をまとめて書いたんだとかいろんな説があるけど
どれもちょっとずつ弱点がある模様
公務員の出張記録なんていつの時代もいい加減なもんなんだな
53+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:11:40.92 ID:0
元々中国の息の掛かった日本の歴史学者が
日本が中国の下だったって証明するために無理に持ち上げてるだけだしね
卑弥呼なんてどこの誰とも分からんし
54名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:13:04.91 ID:0
>>53
当時の日本列島は緩やかではあるだろうけど大陸の手下だろうよ
55名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:12:23.85 ID:0
縄文時代から西日本が日本の中心だったのかと言うとそんなこともないんだよな喜界カルデラの噴火で西日本は壊滅的に人口が減ってる
西日本の人口が増えるのは水稲の栽培が盛んになってきた弥生時代あたりから
56+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:13:17.16 ID:0
けど卑弥呼も邪馬台国もイメージの悪い漢字ばかりなのはやはり中華思想なのかな
まあ未開の原始的生活をする民族だったろうけど
57名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:30:53.13 ID:0
>>56
当時の日本には文字がなかったし
発音が似てる漢字の中から卑しいものが充てられた




58+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:14:22.20 ID:0
マキムクから大きい建造物の柱あとと
大量の銅製器が出ただけで畿内で決まりとか
何か見えない力が働いてるだろ
59名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:15:13.77 ID:0
>>58
でも吉野ヶ里はもっとしょぼいよ
60+1超ふわふわ子@\(^o^)/ 2017/01/05 01:52:05.91 ID:0
結局卑弥呼って何者やねん
61+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:54:05.41 ID:0
>>60
天皇という役職の初期の姿だよ
62+1超ふわふわ子@\(^o^)/ 2017/01/05 01:58:36.04 ID:0
>>61
卑弥呼って天皇なん?
63名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:05:22.55 ID:0
>>62
卑弥呼=日巫女
日本の宗教は太陽信仰で
卑弥呼=日巫女は天皇の神官としての役割と同じなんだよ
64名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:54:07.72 ID:0
間違いなく倭国では日本語直系祖先の言語が話されていた
日本国外で日本語直系の言葉が話されていた場所となると済州島や釜山周辺が候補に上がるが、わざわざ半島から対馬までやってきて半島に戻る理由は無い
従って邪馬台国は日本国内
65名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 01:57:36.10 ID:0
勘違いしてる人がいるが、邪馬台国の時代は1000年続いた弥生時代の末期で古墳時代の入り口なので縄文時代とは時代が全く異なる
66+1名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:03:14.91 ID:0
これすごく分かりやすい
邪馬台国は九州にあった
http://benedict.co.jp/smalltalk/talk-158/
67名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:25:12.72 ID:0
>>66
邪馬台国は九州だわ間違いない
68名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:04:17.77 ID:0
九州にその頃の遺跡が出てくれば話は進むけど出ない
その頃の遺跡は奈良纒向遺跡なんだよ
69名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:08:18.34 ID:0
徐福が天皇だったりしてな
70名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:10:28.31 ID:0
日本の名前の由来は大阪と奈良の境の日の下(本)という地名
それが草香山の麓にあるんで
日下=くさかと読むようになった
71名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:11:09.12 ID:0
陳舜臣の中国の歴史だと徐福はカネ目当ての詐欺師で日本には行ってないことになってたな
72名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:35:34.31 ID:0
ムー大陸の可能性は?
73名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05 02:38:08.26 ID:0
三つ目がとおる読んだら
ムー大陸もアリだな
74★L4人 2017/01/05 14:03:18 ID:_aBcDeFg0BE
〓〓〓〓〓以下まとめブログへのコメント〓〓〓〓〓


参照ブログURL: http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5158159.html
元スレッド: http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1483542871/
YA2ch!: http://ya2ch.net/2ch/morningcoffee/1483542871/
75名も無き哲学者 2017/01/05 12:06:00 ID:zZe.VsrQ0
んん〜…
76名も無き哲学者 2017/01/05 12:08:00 ID:3LtX2yAL0
そのうち一気にひっくり返るかもよ
77+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:15:00 ID:KDrZss.y0
卑弥呼=神宮皇后説でよかったのでは
彼女の記述は魏志倭人伝を引用してるし
78名も無き哲学者 2017/01/05 12:18:00 ID:0c.A5s800
実は火巫女で阿蘇山の巫女とか
79名も無き哲学者 2017/01/05 12:19:00 ID:39mReNb30 (1/2)
昔は当て字なのに「台」をタイと発音してる時点でおかしいだろ
80+1すまいる名無しさん 2017/01/05 12:22:00 ID:qr3UvZKc0
エジプトにある!(キリッ
>>14
公孫淵と公孫サンは別の一族。
>>77
卑弥呼=神宮皇后 は否定されている(年代が合わない)と聞いた覚えが。
跡を継いだトヨ(イヨ)だと神宮皇后とさほど矛盾しないとか。
81+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:24:00 ID:OYJykXx50
ヤマト朝廷も権威がほしくて呼び名を邪馬台国の言葉に近づけたんでは?大和ハウスがヤマトハウスって読むか?
82名無し 2017/01/05 12:27:00 ID:P.23lNmn0 (1/7)
普通に考えたらヤマトだろ
83名も無き哲学者 2017/01/05 12:28:00 ID:m5GTPOVF0
仮説ばかりって感じ、でもミステリーだから面白いのかもしれない
84名無し 2017/01/05 12:30:00 ID:P.23lNmn0 (2/7)
>>80
記紀の年代ってあまり信用のおけるものではないからなあ
卑弥呼というのが固有名詞とも限らないし結局わからないというのが妥当じゃないかね
85名も無き哲学者 2017/01/05 12:31:00 ID:39mReNb30 (2/2)
>>81
大倭が大和になったんだから違うぞ
ヤマト(発音のみ)→倭→大倭→大和
86名無し 2017/01/05 12:32:00 ID:2DoFLlIU0 (1/3)
まあ現代においても人の伝聞はあてに成らない。
大昔の伝聞では事実がどうかは中々判らないだろうね。
(実はこれが正しいって説が出てきても、確実な証拠でもない限り間違いの可能性も有る。伝聞自体間違ってる可能性があるからな)
87すまいる名無しさん 2017/01/05 12:32:00 ID:l3pFQ0K90
魏志倭人伝にしか書いてない国を
魏志倭人伝が間違ってると難癖つけた辺りで
九州説の連中のオツムは程度が知れてるからなぁ
88名も無き哲学者 2017/01/05 12:33:00 ID:rV9Kgw6j0 (1/2)
台与(トヨ)の呼び方から考えて台はトと読むのが自然だと思うけどな。
89名も無き哲学者 2017/01/05 12:34:00 ID:86b.NOtl0
どっかで邪馬台国エジプト説とか見たことあるでw
いやほんとロマンですね(こなみ)
90名も無き哲学者 2017/01/05 12:34:00 ID:titgfLUB0
最近、邪馬台国が現在の滋賀県彦根市にあったと推察できる有力な証拠が出土したってニュースで見たような…
91名も無き哲学者 2017/01/05 12:35:00 ID:zPNQbCtO0
対馬の金印ってなんやねん
エラソーに議論してるやつも所詮この程度
92+3名も無き哲学者 2017/01/05 12:37:00 ID:C79.r9s80
中国語の当て字なのになんで「日巫女」って日本語読みの当て字してんだよ
93+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:41:00 ID:beejsAZH0
>>92 ほんとやね
当時の中国語発音で読まなあとダメやんな
94名も無き哲学者 2017/01/05 12:41:00 ID:GaSbuIkF0
邪馬台国はなかった!
いいね?
95+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:42:00 ID:7sNxTMcc0
八幡平説好き
>>92
その頃は文字なかったけどヒミコは日の巫女って意味だった。って言いたいだけだと思うよ。
96名も無き哲学者 2017/01/05 12:45:00 ID:af2OkOwK0
天皇陵を発掘すれば何か判るかもしれない
97名も無き哲学者 2017/01/05 12:50:00 ID:elM7z16R0
邪馬台国はエジプトやで
98+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:50:00 ID:pC7reDSC0 (1/3)
中華思想の世界観が影響してるのと違うか?
自分達が世界の中心で、その周囲を東夷・西戎・南蛮・北狄が囲んでいて、更にその周囲を云々ってやつ。
邪馬台国が魏志倭人伝通りだとおかしな位置になるが「我々の威光はこんな所にまで及んでいる」とういうプロパガンダのために、無理やり中華思想の世界観に合うようにしたんだと思うわ。
99名無し 2017/01/05 12:51:00 ID:P.23lNmn0 (3/7)
>>95
ヒメミコは出典あるけど「ヒノミコ(日の巫女)」って出典あるの? 
100+1名も無き哲学者 2017/01/05 12:53:00 ID:t7Q9kytA0 (1/2)
そもそも中国の文章が、あったことはあるっていう事は伝わってただけで、GPSもない当時方向距離なんていい加減、地図もろくにない、根本的に位置の事言ってても当時の人間同士ですら正確性に欠けるので当てにならない
101+2名も無き哲学者 2017/01/05 12:58:00 ID:t6VJb5.W0
>>92、>>93
卑弥呼の古代中国読みは「ヒメホ」だそうな
いつから巫女がメホになったのかw
ちなみに「呼」は「○○と呼ばれている」という意味もあるらしい
その場合、卑弥呼は単に「ヒメ」になる
個人名ではないと思うが、北九州でヒメという人が埋葬された古墳がある
あと、神宮皇后って誰だw
三韓征伐の神功皇后か?
あの説は戦前の卑弥呼=神功皇后というトンデモ説だ
時代が120年も違う
102名も無き哲学者 2017/01/05 13:00:00 ID:t7Q9kytA0 (2/2)
まぁ発音とか、大国中国の官吏の判断からして、権威格下げの舐めた目線で発音を当て時で、中国語にない言葉や発音何で、卑弥呼も日女御子、大和大国が邪馬台国でしょ(テキトー)今も現代製品や外国語や外人の名前無理やり幹事に直してるようなもん。
103名も無き哲学者 2017/01/05 13:00:00 ID:HUkAHEWf0
卑弥呼が役職なら卑弥呼のライバルの卑彌弓呼(男ね)はどんな役職になるの?
104名も無き哲学者 2017/01/05 13:01:00 ID:G9MtZSG70 (1/3)
>>101
大元は日本書紀の神功皇后の注釈だろ
呼はhuoに近い発音だから「ヲ」だった可能性
105名も無き哲学者 2017/01/05 13:03:00 ID:xoUFDW880
ひみこみこみこひみこみこ
ひみこみこみこひみこみこ
ひみこみこみこひみこみこ
ゲシュタルト崩壊するわwww
106名も無き哲学者 2017/01/05 13:05:00 ID:Qp9ngssm0
九州説に無理があるのは、その後「いろいろあって」近畿に移ったというところ。
いろいろあったなら、広島や岡山、姫路なんかに平城京や平安京クラスの都がないと説明つかんだろと。
107名も無き哲学者 2017/01/05 13:06:00 ID:ct.1a6sb0
九州じゃないの?朝鮮南部も支配しててそのうち大和政権にとってかわられた
108名無しのプログラマー 2017/01/05 13:07:00 ID:SA9u9nje0
やまいち国やで
109名無し 2017/01/05 13:07:00 ID:P.23lNmn0 (4/7)
>>101
古代の中国の発音しかも外国の名称の当て字なんて正確性なんて
欠片もないぞ、あれは大体こんな感じ以上に意味の無いものだ
110+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:09:00 ID:LbUrmH.z0 (1/2)
>>98
あと魏の人間が書いたというところもポイントな
呉の人間に向けて俺たちはお前らの背後にある島に住んでるデカい国家と協力関係にあるから
その気になればお前らを海と陸の両側から攻められるぞというハッタリも少なからず入っている
111名無し 2017/01/05 13:09:00 ID:2DoFLlIU0 (2/3)
ペリー来航時に日本にはPresidentに相当する言葉が無かったから、大工の棟梁を元に、「大」を頭につけて「棟梁」を「統領」に置き換えたとかなんとか。
 
つまり、邪馬台国や卑弥呼の時代となるとどう変化して(間違いもある)どう伝わったかは可能性があり過ぎる・・・
112+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:12:00 ID:1.2GWiPX0 (1/4)
途中のURLの水路説がわかりやすかったわ
ひみこは俾彌呼と書かれていたりするから当て字なんだろう
日女子(ひめこ) 男性の敬称の日子に対する女性の敬称説もある
ヤマト国も突然できたわけじゃなくて邪馬台国も当て字で
最初から同じだったというのもしっくりきたわ
113名も無き哲学者 2017/01/05 13:13:00 ID:pC7reDSC0 (2/3)
福岡県糸島市の平原遺跡から八咫鏡が出てるからなあ。あの辺りは何か関係があるのかもしれん。日本最古の鉄器が出土した石崎曲り田遺跡にも近い。
114名も無き哲学者 2017/01/05 13:15:00 ID:7dN19mM70 (1/2)
方向が間違ってるんだろ
本州の近畿地方にあったなら別にあの距離でも問題ない
115+1名無し 2017/01/05 13:15:00 ID:P.23lNmn0 (5/7)
>>110
書いてる頃には呉も滅んでいると思うんですがそれは…
116+1名無しさん@ダイエット中 2017/01/05 13:16:00 ID:ICBWovcy0
生前退位に合わせて皇室典範も変えるみたいだしそろそろ宮内庁指定の陵墓への立ち入り調査を解禁してもいいだろ
117名も無き哲学者 2017/01/05 13:17:00 ID:rV9Kgw6j0 (2/2)
>>112
それ見たけど面積の数字については全然違うのに全く触れてないぞ。
つまり出てくる数字はあまりあてにならない。
118名も無き哲学者 2017/01/05 13:17:00 ID:AxwHW1gm0
卑弥呼様ーー!!                                           ネプチューンの名倉も邪馬台国出身ってことがわかった。
119名も無き哲学者 2017/01/05 13:17:00 ID:rAr62Mes0
東南アジアはわかるがポリネシアだけはない
なんで太平洋に行くのに日本列島ガン無視してるんだよ
普通に原始的な集落が乱立しててそこの一つが邪馬台国、統一したのが大和王朝なんだと思うわ
120名も無き哲学者 2017/01/05 13:20:00 ID:QmrNzLaY0
韓国人のウリカトル図法に見られるように、
奏の時代から“こうあって欲しいという願望”と“(地理的)事実”を混同させる傾向が、当時のシナ人にも多分にあったからな。
根底から疑わないとダメ。
例えば本来、中国の中原(中華)の地域は洛陽辺りだったのを、
拡大解釈して、中国人が住む地域までを中華だの、核心的利益だの言い出してるのも、これが原因だから。
121+1軍事速報の中将 2017/01/05 13:21:00 ID:VOH7mFwH0
中国の最古の書物で確認できるのが5世紀だからな
昔の書物は見栄や面子や物語が多いから当てにならないがw
天皇制の起源も残ってるので27代目くらいからだし、それでも1600年程度はあるが九州から来たのなら既に居た家系の方が古いし天皇は移民扱いだからな
122+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:21:00 ID:7dN19mM70 (2/2)
発掘許可が下りないのは万世一系じゃないと困るからだろ
今の天皇の先祖は皇位の簒奪者だったらまずいと思ってる
でも気にしてる国民はそんなにいるのかね
日本の歴史を作ったのは今の皇室なのは間違いないからね
123+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:22:00 ID:6nXQy9li0
関係ないけど耶馬渓って大分にあるよな。
邪馬台国も大分だったりしてな。
124名も無き哲学者 2017/01/05 13:22:00 ID:26UqrCRh0
>>115
陳寿がまとめた頃はそうだろうけど陳寿が参考にしたであろう報告書などの存在意義は呉への牽制もあったんじゃないかな?
呉は海路で人狩行って散々な結果だけど魏は安全ルート有る上で官職与えて出張所まで作ったぞって。
125名も無き哲学者 2017/01/05 13:23:00 ID:THMK8GPj0
もう「わからん」ってことにすればよくね?
126名も無き哲学者 2017/01/05 13:23:00 ID:moNcx.Tp0
100万の軍勢で戦いましたというウソを堂々と書いてる程度の書物だしな
127+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:23:00 ID:1.2GWiPX0 (2/4)
九州で内乱があって卑弥呼という女王を立ててようやくまとまったのが邪馬壹國(ヤマトコク)なんだろう
この原文では壹なのが途中で台に略されてタイと読まれたせいで邪馬台国(ヤマタイコク)と別物扱いされてる
128+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:24:00 ID:UnRm.LPI0
大和朝廷は日本朝廷が大和地方に遷都してからの名称。
卑弥呼時代の日本朝廷は出来立てほやほやで外交などできるわけがない。魏の曹操の征伐に危機を覚えた位置。つまり朝鮮半島の下にあったのが邪馬台国の本拠地で九州とか中国地方とかは一部が邪馬台国に占領されていたのだろうと思う。
その後、邪馬台国は滅び日本朝廷に吸収され、九州側の対抗勢力の熊襲もだまし討ちで日本朝廷の家臣化させた。
129名も無き哲学者 2017/01/05 13:29:00 ID:G9MtZSG70 (2/3)
>>123
耶馬溪は江戸時代に頼山陽が漢詩に詠むために
「山国」をそれっぽく漢字にしただけ
130+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:33:00 ID:G9MtZSG70 (3/3)
>>127
壹は「いち」だろ
ヤマイツじゃないかという説もあるが
ほかの固有名詞を表している文字が母音やnで終わっているのが
ほとんどだから臺のほうがまだありえる
131すまいる名無しさん 2017/01/05 13:33:00 ID:4z.DbdQF0
>>100みたいな無学のアホはこの手の問題に触れないで欲しい
現代のイデオロギーもどきを持ち出してくんじゃねーよ、クズ
132 2017/01/05 13:33:00 ID:oFO67pbQ0
文革で可也の書物が燃やされたからもう明確にするのは無理だよ
133名も無き哲学者 2017/01/05 13:36:00 ID:HEFCuP2p0
九州っぽいが正確にはどこだかよー分からんから、そもそも日本にないってのはちょっと面白かったが、
中国との交流物の金印も青銅剣も鏡も出土してるし、中国との距離もそんな離れてないし、
普通に日本でしょ。
しかし卑だの邪だの当て字は、外国人が変な漢字Tシャツを着てるもんだなw
「陽没する処」もムカついた意趣返しなんかね。
134+1名無しさん 2017/01/05 13:38:00 ID:z6wxK2NS0
今と大陸との距離も列島の形も違うだろうしなぁ
135名も無き哲学者 2017/01/05 13:38:00 ID:gULdvv0Q0
上代日本語の発音にヒって無いんだな、フィになるらしい
136名無し 2017/01/05 13:39:00 ID:P.23lNmn0 (6/7)
「邪馬壹国」と「邪馬臺国」の論争はとっくに決着が付いてるが
137名無し 2017/01/05 13:39:00 ID:2DoFLlIU0 (3/3)
>>116
>>122
天皇陵とされてるもので間違ってるんじゃないかって物、されてない物で天皇陵じゃないかって物(保護されてない)があるとかなんとかって話が有ったような・・・
138+1名も無き哲学者 2017/01/05 13:41:00 ID:1.2GWiPX0 (3/4)
>>130
こっちじゃ似てるけどヤマイチコクになってたな
読みで似ているとするなら臺(トウ)の方か
壹と書かれてるのは略字か間違いか?
139名も無き哲学者 2017/01/05 13:44:00 ID:C09tZfK.0
大分県宇佐市が邪馬台国の本拠地やぞ
140+1名無し 2017/01/05 13:48:00 ID:P.23lNmn0 (7/7)
>>138
つ『三国志』より後の5世紀に書かれた『後漢書』倭伝では「邪馬臺国」、7世紀の『梁書』倭伝では「祁馬臺国」、7世紀の『隋書』では国について「都於邪靡堆 則魏志所謂邪馬臺者也」(魏志にいう邪馬臺)、唐代の『北史』四夷伝では「居于邪摩堆 則魏志所謂邪馬臺者也」となっている。これらの正史は、『現存の宋代』の『三国志』より古い写本を引用している。
141名も無き哲学者 2017/01/05 13:49:00 ID:YvPVmAA50
>>121
分かってるのは15代目前後までだろ
142名も無き哲学者 2017/01/05 13:49:00 ID:LbUrmH.z0 (2/2)
>>128
九州から奈良へ遷都するのは無理だろ。途中に吉備と出雲という当時の二大勢力があるんだからそこらと戦争をせずに抜けていくのは不可能だし
もし戦争をしたなら今度は日本書紀や古事記の方が魏志倭人伝より信用できないという変な話になってくる
>>134
ネアンデルタール人がいた何万年も前の話じゃなくたかだか1600年前の邪馬台国の話だぞ。何を言ってるんだ
143名も無き哲学者 2017/01/05 13:50:00 ID:.jJXulcs0
昔は方位磁石があったわけじゃないから、方角はけっこういい加減。江戸時代の松尾芭蕉だって、奥の細道の中で、南北の関係を東西に取り違えたりしてる。だから、倭人伝の中の「南行」は、北九州を船で南東向きに発して沿岸沿いに進み、瀬戸内海を東進したと考えることが、十分に可能。
倭人伝の中の九州の地名は、那国をはじめほぼ現代につながり、特定できる。その那国が国の南限と書いてあるんだから、邪馬台国は畿内と考えるのが普通だろ。
それが、学会の中の下らない勢力争いのせいで二分されてるだけの話で。
なんにせよ、専門家のしがらみっていうのは、本当にバカらしくて迷惑なものだWWWWWWWWW
144名も無き哲学者 2017/01/05 13:54:00 ID:GAIQi0I40
中国の「めっちゃ辺境の土人もうちの皇帝に従っとるんやで」
「辺境やからようわからんが、なにがしの、何とかとかいう奴」
程度の記述を頼りに特定するとか意味ないやろ
何故そこまで邪馬台国、卑弥呼を特別視するのか、異常だよ
諸説あるがよくわからん、で終わるべき
145名も無き哲学者 2017/01/05 13:54:00 ID:1.2GWiPX0 (4/4)
>>140
今でさえ誤った「台」を使ってるしコピペミスが続いてるってことだな
イチじゃなくてトウでヤマトコクにすればなんの疑問もなくなるのに
なんでそのままなんだろ
146名も無き哲学者 2017/01/05 13:56:00 ID:9bNPo9M60
水行二十日ったら海流乗ればメキシコやろ。
147名無しのサッカーマニア 2017/01/05 13:56:00 ID:Y.q.VSnM0
真ん中とって四国でええよ
148名も無き哲学者 2017/01/05 13:56:00 ID:OEhV0EDD0
オキナガタラシヒメ説スコ
149名も無き哲学者 2017/01/05 13:58:00 ID:POb.bpv.0
距離は、出張旅費の関係で、盛ってると思う。
150名も無き哲学者 2017/01/05 14:01:00 ID:.UsE5.X30
元々中国の息の掛かった日本の歴史学者が
日本が中国の下だったって証明するために無理に持ち上げてるだけだしね

確実にあった遣隋使や遣唐使でハッキリと朝貢体制に組み込まれてるんですがそれは
古代日本が自主自立でやってたと考える方がおかしいわ
151名も無き哲学者 2017/01/05 14:02:00 ID:pC7reDSC0 (3/3)
魏志倭人伝には、台与が曹魏に白珠(真珠)5000を送ったと記されているが、これだけの天然真珠(それもおそらく真球)を準備できるのって日本だとどの辺りなのかね?
アコヤガイの分布とかも関係してくるだろうし。

削除依頼フォーム

削除依頼フォーム

手順に従い正しく入力することで即座に記事を非表示にできる場合があります。

申請対象URL
参照元記事

削除依頼はまず以下の参照記事の管理者までお願いします。

現在の状況
申請理由
詳細情報

問題のあるコメントについての詳しい情報を入力してください。

申請者の情報

入力は任意です

このスレッドのdatファイル: http://monazilla.l4ch.net/nwknews/dat/1483585166.dat